最新の関連ページ一覧

葬式で身につけてはいけない物

葬式の服装といえば、喪服が一般的です。
そのため、間違った服装をしてしまうということはあまりありません。
ですが靴や装飾品には注意が必要です。
というのも、葬式では身につけてはいけない物がいくつかあるからなのです。
その代表は革製品です。
黒だから大丈夫と勘違いし、黒革の靴を履いてしまったり鞄を持っていってしまうことも少なくありません。
革というのは「殺生」を表すと言われているものですので、葬式で身に付けるのはマナー違反になってしまうのです。
アクセサリー関係では、パールのみが正装として許されています。
その他の宝石類などは、基本的には着けてはいけません。
ただし結婚指輪に関しては、着けて参列しても問題はありません。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 葬式 服装 . All Rights Reserved.