最新の関連ページ一覧

葬式にどんな服装で臨めばいいのか

日本の喪服は元々はどんな色をしていたのか、アジアの諸国で韓国や中国は白などの色が取り入れられていました。
白色は再生の色としてとても好まれていたからです、それが昭和の初期に始まって欧米の影響により喪服が黒い色に移行されてきました。
正式の葬式の服装という事では男性はモーニングで女性はフォーマルという事になります、昨今は略式という形で喪服でも男性はブラックスーツで女性ではブラックスーツもしくはアンサンブルそしてパンツスーツという形で葬式に参列される方が多くなってきています。
またその中でもそれぞれの趣味や趣向に合わせてオシャレをされている傾向が目立ってもきています、その中でもアクセサリーを身につける時にはシングルの物を選びます、日本では古来より忌み言葉あります、二度繰り返さないという意味で悲しみごとは二度繰り返したくないという事からシングルの方が好まれます。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 葬式 服装 . All Rights Reserved.